≪研究≫ダイエットと便秘の関係

便が出ない場合の対処方法としては、一般に食物繊維を多く摂取すればよいと言われています。食物繊維が便の量を多くし、腸を刺激することによって便意を感じる仕組みとなっています。食生活や運動など解消方法は様々なものが考えられますが、精神的な面も強く影響することも忘れられない事実です。普段社会人として忙しい生活をしていれば、便意が合ってもトイレに行くことができず我慢してしまうことも多いと思います。人間の体には順応力や適応力がありますので、我慢している内に体が慣れてしまうことが多々あります。便意に関しても、我慢することによって体が便意に慣れてしまい、慢性的な便秘を引き起こしやすくなります。便意を我慢しないようにし、規則正しくリズムを基本とした生活をしていれば、突然便意がやってくることも少なくなると言えます。毎朝必ずトイレに向かい、便を出す行動を習慣にしてしまえば、それ以外の時間に便意を催すことも少なくなり、結果的に便秘を解消することも可能なのです。

ラクー

【東京漢方薬局・香港堂】千葉県船橋店

日本ビスカ株式会社

山梨って太陽光発電できますか

年数が経過しているベッドは売れますか?